B型肝炎ワクチンについて

 

平成28年10月1日から、

「平成28年4月1日以降の出生で、かつ1歳未満の乳幼児」に限り

定期接種がはじまっています


Q. B型肝炎ワクチンは受けるべきなのでしょうか?

  1. A.   「受けるべき」と考えています。言葉を足しますと「今、差し迫った感染の危険を防

ぐというよりも、お子さんが成長したとき、つまり将来のB型肝炎ウィルス感染を防ぐため」です。

    B型肝炎ウィルスは血液を介して感染しますから、お子さんの周りにB型肝炎ウィルスのキャリアー(持続的にウィルスを持っている人)がいなければ、今は差し迫った感染の危険はほとんどありません(稀なケースとして、保育園の保母さんがキャリアーで、この保母さんの出血性の皮膚炎を介して園児に集団感染したらしい報告があります)。

    ただし、赤ちゃんが大人になった時に状況が変わります。何らかの仕事やスポーツで他人の血液が自分の体に傷などを介して入ってしまった場合、また、性交した相手がキャリアーであった場合です。現在、日本には成人を中心として約100万人のキャリアーがいるとされ、これは全人口の0.8%にあたり、決して少なくはありません。予防接種をしていない人はB型肝炎に対して無防備ですから、成人のあいだでは少しずつですが感染が拡大傾向にあるとされています。

    B型肝炎ウィルスに感染すると、しっかり治ることもありますが、ウィルスが肝臓に残ってキャリアーとなり、いろいろな肝疾患のリスクを抱えることもあります。任意の有料ワクチンで、3回接種をします(1回4000円×3回)。赤ちゃんはもちろん、小中高校生も接種が勧められます。ご相談ください。